www.stepbystepconsulting.org

ケアマネージャーの合格率について

ケアマネージャーの合格率について

 介護支援専門員ことケアマネージャーの合格率は、年々回を追うごとに下がり続けています。ということは、これからケアマネージャーになることを目指している人は、かなりの狭き門になるということを覚悟して受験をしなければなりません。

 

 ケアマネージャーの第1回合格率は軽く40%を超えていたにも関わらず、ここ最近では10%台が当たり前になっているのですから、どれだけ合格率がここ何年かの間で低下しているということがわかります。これは、ひとえにケアマネージャーの数が多くなり過ぎてしまったことが原因で、調整するために合格をし辛くするということは、ケアマネージャーに限らず資格試験ではよくあることです。
友人にも勧めましたケアマネージャーになるにはの情報があります。

 

 ですから、同じケアマネージャーの資格でも発足当初とここ最近では、本来まったく価値が違うというものになります。ただ、資格上はどちらも同じ資格ですから、最近合格してケアマネージャーになった人は、歯痒い思いをしているかもしれません。ただ、しばらくはまだ合格率が低い傾向が続いていきそうです。

ホーム RSS購読 サイトマップ